スポンサーリンク

桃「シャミ子とミカン、最近ちょっと近くない?」
スポンサーリンク
スポンサーリンク
1: 2019/10/11(金) 00:42:06.866 ID:EtKza6fi0

ミカン「ほらシャミ子、デコポン向けたわよ」ヒョイ

シャミ子「ありがとうごさいます!んむっ」

ミカン「シャミ子ったら指ごと食べちゃって」クスッ

桃「あの」

シャミ子「なんだかいつも貰ってばかりで申し訳ないです…」

ミカン「いいのよ、私が好きでやってる事だし」

ミカン「それにシャミ子が美味しそうに食べてくれるから私も嬉しいわ!」ニコッ

シャミ子「ミカンさん…」

シャミ子「…私も施されてばかりの魔族ではありません!」

シャミ子「最近お菓子作りの練習などをしているので、今度来た時に持って来ますね!」

ミカン「ふふ、楽しみにしてるわね」

桃「あのさ」

シャミ子「はい?」

桃「シャミ子とミカン、最近ちょっと近くない?」

ミカン「…そうかしら?」

ミカン「私とシャミ子はもともとこんな感じよねー?」

シャミ子「ねー」

桃「ほらそういうとこ」

桃「今『ねー』ってとこ、息合ったよね」

ミカン「考えすぎじゃないかしら?」

シャミ子「桃…どうしちゃったんですか?」

 

3: 2019/10/11(金) 00:55:10.805 ID:EtKza6fi0

桃「……いやいい」

桃「少し私も気にしすぎたかも、今のは忘れて」

リリス「ほほう」

桃「なんですか」

リリス「さては桃よ、シャミ子とミカンが仲良ししてるところをみて嫉妬しておるのか?」

桃「ち、ちがっ…」

リリス「隠さなくてもよいではないか、お主のそういう面倒くさいところは嫌いじゃないぞ」

ミカン「あっ…」

ミカン「ごめんなさい桃、私シャミ子を独り占めするつもりなんてなかったのよ!」

シャミ子「そんな!ミカンさんが謝る事ないですよ!」

シャミ子「桃、わかってあげられなくてすみませんでした」

シャミ子「こっちに来て一緒にお話しましょう!」

 

桃「~~っ!!!」

 

桃「もういい…!」バタン

 

ミカン「ちょ、ちょっと桃!?」

 

4: 2019/10/11(金) 00:56:57.180 ID:wEEAbZLba
続けたまえ

 

5: 2019/10/11(金) 00:57:12.804 ID:r68ZfX3o0
シャミ子が悪い

 

7: 2019/10/11(金) 01:05:40.294 ID:EtKza6fi0

シャミ子「桃、一体どうしちゃったんでしょうか?」

ミカン「…昔からああいうところがあるのよね」

ミカン「感情をあまり大きく出さない分、言いたい事を言わずに抱えちゃうの」

ミカン「悪いけど桃をお願いしてもいいかしら?」

シャミ子「…付き合いの長いミカンさんの方が適任では?」

ミカン「ううん、ここは私じゃないわ」

シャミ子「え?」

リリス「シャミ子よ、余も同じ考えだぞ」

リリス「桃のあの様子を見るに、ここでシャミ子が行くべきだな」

ミカン「ほら、お年寄りの言葉ってありがたいものよ?」

シャミ子「ごせんぞまでそういうなら…」

リリス「うむ、行くがいいシャミ子よ、余も空気を読んでここで待っておるぞ!」

リリス「ところでお年寄りとは誰のことだ?」

 

9: 2019/10/11(金) 01:14:01.649 ID:EtKza6fi0

……

 

 

桃「…………」

シャミ子「桃」

桃「シャミ子、どうしてここがわかったのかな?」

シャミ子「だってここまだ桃の家の敷地内ですし…」

シャミ子「もしかして今日の桃、少し抜けてます?」

桃「っ…べつに」

 

桃「シャミ子のほうこそ、さっきまでミカンと楽しそうにしてたよね」

桃「抜け出してきちゃってよかったのかな?」

シャミ子「いいんです」

シャミ子「私は桃ともおしゃべりしたいので」

桃「そっか」

シャミ子「はい」

桃「………」

シャミ子「……」

 

桃「………シャミ子、さっきは…」

シャミ子「桃」

桃「え?」

シャミ子「私気づいたんです、桃の私への気持ち」

 

10: 2019/10/11(金) 01:16:24.506 ID:OvtK5mOk0
ほう

 

11: 2019/10/11(金) 01:18:53.240 ID:r68ZfX3o0
時は来た

 

12: 2019/10/11(金) 01:22:41.002 ID:1MScYYGQ0
時 来てるぞ!

 

13: 2019/10/11(金) 01:23:02.791 ID:EtKza6fi0

シャミ子「これはその……私が桃を思っている感情と似たようなものだと思っているんですが」

シャミ子「も、もしも間違っていたら否定してくださいね!というか忘れてください!」

 

シャミ子「さっきの桃はたぶん、私とミカンさんが仲良くしているのを見て嫉妬したんですよね?」

桃「……」

シャミ子「私もその気持ち少しだけわかるんです、もしも桃がほかの女の子と仲良くしていたとしたら」

シャミ子「なんだかこう……考えるだけでもモヤっとします!!」

桃「……それって」

シャミ子「私だってもう15歳です!子供じゃないです!そういう感情が全く理解できないわけではありません!」

シャミ子「……すくなくとも、私の中のモヤっとする気持ちは」

シャミ子「『友達』だとか『宿敵』だとか、そういう気持ちでは無くて、もっと別の感情というかなんというか…」

シャミ子「胸が締め付けられるような…苦しい感じのやつです!夜寝れなくなる系の感情です!!」

シャミ子「だ、だからその……もしも桃も私と似たようなモヤモヤを感じているのであれば……」

シャミ子「……私はすごく嬉しいので、一緒になりたいと思っています」ドキドキ

 

桃「……っ」キュン

 

14: 2019/10/11(金) 01:24:01.883 ID:cJphRAXu0
俺「…」キュン

 

18: 2019/10/11(金) 01:37:27.813 ID:EtKza6fi0

桃「……私も同じ気持ちだよ、シャミ子」

シャミ子「…!」

桃「私はシャミ子が好き」

桃「もしもシャミ子が私の事を」

桃「…まぞくにとっての宿敵である私を受け入れてくれるのなら、私はシャミ子と一緒になりたい」

桃「…もんも」キュン

 

ギュッ

 

桃「さっきは恥ずかしいところを見せてしまってごめん」

桃「勇気を出してくれてありがとう、シャミ子」ニコッ

シャミ子「あ、あ……えと……っ!」

シャミ子「さ、先に告白したのは私だからな!!ちょっと抱きしめたからって逆転は無しだぞ!!!」ドキドキ

桃「はいはいシャミ子、今日はシャミ子の勝ちだよ」クスッ

シャミ子「その余裕が納得いかない!!さっきまでウジウジ嫉妬してたくせに!!」

シャミ子「今後は私と貴様の上下関係をハッキリさせてやるからな!!健康的な生活で身も心も私のモノにしてやる!!」

桃「期待してますよ、シャドウミストレスさん」

 

 

頑張れシャミ子!!幸せな家庭を築いて、孫の顔を見せるんだ!!!

 

20: 2019/10/11(金) 01:41:56.891 ID:r68ZfX3o0
大層乙であった

 

21: 2019/10/11(金) 01:43:48.806 ID:UCWp0Bwg0
もんも…

 

22: 2019/10/11(金) 01:46:50.512 ID:N02IVBi+0
わぁ…もんも…

 

23: 2019/10/11(金) 01:57:54.024 ID:OvtK5mOk0
ミカンはそれでいいのか

 

引用元: http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1570722126/

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事